ケーキを求めてウィーンへ4:最終日

5月21日(月・祝)7時起床。

最終日、許された時間は電車出発の11時まで。そこで今日は、カメラとiPhoneとお財布と地図だけを携えて身軽に出発。祝日だからほとんどのお店がお休みだ…とちょっと落ち込んでいる矢先に、Cafe Diglasが開店しているのを発見!(初日に訪問した、憧れのカフェです。)つい嬉しくなって、入店。もちろんシェードのある窓側の席へ。せっかくなのでウィーン風朝食を注文しました。(ところがゆで卵の食べ方がわからず。店員さんにどうやって食べるかを尋ねると、上を切り取って食べるのよ、と教えてくれました。)やっぱりそのあと、ケーキを注文。食事か!というくらい食べ応えがあって、お腹いっぱいになりましたが、さらに他のケーキ屋さんに立ち寄り一つだけケーキを購入します。

その後、時間ギリギリまで街を散策していると、路の上にかかった仕掛け時計を発見。かなり凝ったつくりでしたが、時間の関係で仕掛け時計の、多分音が流れるであろう”仕掛け”を見学できなかったのは残念でした。大急ぎでホステルに戻り、荷物を受け取り、電車に飛び乗ります。そして、車内で先ほど購入したケーキを食べました。ザルツブルグで乗り換えのバスに乗り込み、ミュンヘンへ戻ります。

さて、これで私の旅のざっとした流れは書き記しましたが、肝心のケーキについて。記録と写真を頼りに、再びまとめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です