一生分の間違いをしてる

昨日のこと、計量を任されたとき、小麦粉と片栗粉を間違った。

Weizen MehlをWeizenpuder ね!と思い込んでしまったのだ。変わったレシピだなぁと思っていたら、案の定間違っていた。「次は間違えないさ!」「何も起こってないよ!」と、声をかけてくれたけど、もう、そんなことを何回もしている。数字を聞き間違ったり(例えば480グラムを840グラム)、何度も使っているはずの金口のサイズがわからなくて質問したり。そりゃ信頼されないわな。自ら信用失ってるわな。呆れられても仕方ないわな、と言う状況だ。

もう、この職業において一生分の間違いをしていると思う。(いやいや、これからだって間違いはするよ、と言う声は置いといて)ありえないほど、びっくりするほど、だ。だからもう、この際し尽くそう。失敗して、間違って、それが許されるあと半年間(だからと言って甘えてはいけないけど)、業務を任せてもらえることがなくても、携わることがなくても、質問できることは、質問しよう。知りたいことは、教えてもらおう。

この一年は悔しくて、情けなくて、苦しいばかりだったけど、わたしはすでに貴重なギフトをもらっている、と思えばもう前向きに、進んでいくしかないのだ。

ちなみにこっちでは再びロックダウン。午後9時〜翌午前5時までの外出禁止、オンライン授業、飲食店は持ち帰りのみ、クリスマスの集いは10人まで、などなど、だ。クリスマスマーケットももちろんない(日本で開催しているのを見ると、うらやましい)。ワクチンは吉報と思っていたけど、こちらは若い人も含めて慎重みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です