サマータイムの終わりともに

10月27日の日曜日でサマータイムが終わった。これでまた、日本との時間は、8時間だ。
サマータイムから通常の時刻へと切り替わるその日は、一時間、時間のプレゼントをもらったようなお得な気分で、天気も良かったので散歩に出かけた。

秋を収穫できて、大満足。

そして、その翌々日からは最高気温が10度前後。もうすぐ冬だ。

5件のコメント

  1. 容子さん、こんにちは。
    Ausbildungについて調べていたら、こちらのブログに辿りつきました。
    私もドイツでKonditorinのAusbildungをしたいと思っていて色々と調べているのですが、よく『女性でも25kgある袋を運ばなければならない』とネットにかいてあるので、Konditorinになる事を少し躊躇しています…。体力は比較的ある方なので、10kgくらいなら一人で運べると思うのですが…。
    容子さんの場合や、容子さんのお知り合いのパティシエールたちの場合はどうなのでしょうか?
    本当に女性一人で25kgもある袋を運ばなければいけないのでしょうか?
    お返事いただければ幸いです。

    1. ちゃこさん、こんにちは。

      ブログにたどり着いてくださって、そして、ご質問ありがとうございます。
      はい、25キロ入った袋、運んでますよ!体力は比較的ある、ということなら全く心配しなくて大丈夫です。むしろ私は体力に自信のない方なのですが、仕事をしているうちに運べるようになりました。上司のMeisterin (女性のマイスター)はもっと力があります。
      職場によってどれくらいの頻度で運ばなければならないか違いはあると思います。パン屋でAusbildungをしている友達は私よりもたくさん運んでいるようです。

      ちゃこさんの挑戦がどうか素敵なものになりますように!応援しています。

      1. 容子さん、こんにちは。
        返信ありがとうございます!
        応援も、ありがとうございます!

        体力に自信がないとの事ですが、仕事をしているうちに運べるようになったのですね…!すごいです…!
        仕事を始めてすぐは多分なかなか思うように重いものを運べなかったと思うのですが、同僚などが手伝ってくれてたのでしょうか?

        1. ちゃこさん
          ご質問ありがとうございます。
          はい、手伝ってもらいましたし、もちろん今でも、手伝ってもらっています。
          ただ、手伝って欲しい時は、はっきり「手伝って!」というのが大事だなぁと感じています。

  2. 容子さん、返信ありがとうございます。

    なるほど。はっきりと手伝って欲しい事を伝えるのって大事なんですね。(確かに、手伝って欲しい時、何も言わなくても察してくれる事って少なそうですもんね…)
    ありがとうございます!勉強になりました。

ちゃこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です