寒中お見舞い申し上げます

お元気ですか。いかがお過ごしでしょうか。

わたしは、決めました。
試験が終わる7月末では、時間もお金も職人としての技術や知識を体得するために費やすこと。そして、ドイツ語。
この2点。
欲を言えば、あと、英語。

Ausbildung をしている立場としては当たり前なんですが、やっと決心したのです。職場で誰に、どう、思われようと、もう、良いのです。
今さらこんなこと、と思われるようなことも質問する。あと半年しか働けないのだから。
職場でチャンスがないなら、家で練習する。幸い自宅で、ひとりで練習できる環境と職業なのだから。リラックスした状態で、考えて試行錯誤する時間を持つこと。

それから、意味のない動作、少しずつやめれるようになりました。それをしているな、と気づいたら、次回はどう行動しよう、何を、誰に言えばいいんだ、と考えれるようになりました。考えたことを行動に移せるようになるまでもう一歩。

心底、この職業に向いてない、もう無理だ、と何度も思ったけど。目指すのは職人じゃない、始める前からわかっていたこと。でもだからこそ、もう二度とないチャンスだからこそ、あと半年間、せっかくそれを目指せる立場にいて試験を受ける機会があるのだから、全力でやっていく。ゴールが見えれば強いのです、わたし。

目指す人物像に向けて、これからどこで、どんな方法で近づいていくかはわからないけど。これまで以上に先のことはわからないからこそ、とにかく目の前のことに、集中していきます。

メラメラ、でも冷静に、燃えてますが、こっからの半年間も浮き沈みしながら進んでいくと思います。今年もよろしくお願い申し上げます。
どうぞご自愛のほどお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です