フィンランドより1:必要なのは少しの勇気

5月1日から5日までのフィンランド旅。ヨーロッパを去る前に、どうしても来たかったところ。
何をしに来たかというと、日頃やりたかったことをするためだ。それは寝る、撮る、書く、食べる。実は前日も仕事、当日も6時から9時まで仕事、というスケジュールだったので、落ち着いて準備する時間がなくて、とりあえず全部持ってきた。パソコンにカメラに携帯に。洋服のコーディネートもよくわからない。とりあえず詰める、寝る、出発だ。

初日はハプニングから始まった。
余裕を持って空港に着き、荷物を預け出国手続きをしたはずが、ゲート変更を見逃していて館内放送で名前を呼ばれた(しかも最終案内)。他の人のアナウンスを聞いて大変だなぁと思っていたら他人事じゃない。大慌てで移動すると、他の乗客はすでに移動バスに乗っていて、私待ち。視線が痛い、ごめんなさいと思いながらバスに飛び乗る。

無事に着陸し、空港から市内に向かう電車に乗っていると街のあちらこちらに国旗がたなびいている。勤労感謝の日、Vappu(ヴァップ)と呼ばれる祝日だそうだ。そして、街ゆく人、カフェに座っている人、たくさんの人が水兵さんがかぶるような帽子をかぶっている。どうしても気になって、帽子をかぶり犬の散歩をしていた女性に話しかけると「毎年祝うのよ。高校を卒業した人が普通の、ふさがついていると大学を卒業した人よ」なるほど。

今度は若者が着ている、いろんなワッペン付きのつなぎが気になる。なんなんだ。
どーーーーーーしても気になる!写真が撮りたい!と、小さな勇気をかなり振り絞ってカップルに声をかけた。「エクスキューズミー(1回目、どうやら聞こえていない)エクスキューズミー(もう一回!)エクスキューズミー!!!!(振り向いてくれた!)May I take your picture?」すると爽やかに応えてくれた。最高。
質問すると、つなぎは学校の、ワッペンは自分の好きなやつをつけているそう。ありがとう。Kiitos!!!!

スーパーに買い出しに行っても面白い。飲むヨーグルトの種類が半端ない。これはドイツでもお目にかかれない。そしてブルーベリーLOVEだ。炭酸水の味付きにもブルーベリー味がある。


そんなこんなで1日目終わり。とにかくお二人の写真が撮れて大満足。2日目もハプニングから始まります。


 

2件のコメント

  1. その”ワッペン付きのつなぎ”が見たいのに、その写真だけ拡大されないい!
    はっ、もしかして”つり(フィッシング)”?つなぎだけに!?
    わはは

    1. ホントに読んでくださって、ありがとうございます!あれっなぜでしょう?私のスマホで確認したところ拡大できました。よかったら、ピンチアウトしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − 10 =