フィンランドより2:ダメなら次、もしくは一度ストップ

2日目は朝イチでスマホのSIMカードを買うことから始まる。自分の不注意でドイツのSIMカードが使えなくなったためだけど…これが買って正解だった。4~5日間用でネット無制限、電話番号付き。しかもお値段たったの4.9€。難しい設定は全くなくて、SIMを入れれば即使える(オプションでPINの設定もできるけど、していない。ちなみに私のスマホはSIMフリー)。ヘルシンキ駅構内のR-kioskiで買った。SIMカードが欲しいとレジで尋ねると「何日間フィンランドに滞在するんだい?」と尋ね、適切なカードを売ってくれたレジのおじさんに感謝だ。

購入したSIMカード。中にSIMカードと説明書有り(2022年5月現在)

※ギフトカードなどが並んでいる場所では見かけなかったので、レジで尋ねない限り、出てこないかも
※購入したSIMについて詳しい内容が知りたい場合は内容は検索を
※ヘルシンキの公共交通機関アプリ<HSL>に登録する際、電話番号が必要
※ちなみにドイツにもある格安スーパー:Lidlも近くにあり、レジで尋ねたけどSIMカードは売っていなかった。私の英語が悪すぎて伝わらなかっただけかも
※パッケージによると次の場所で購入可能:R-kioski/K-CITYMARKET/K-Market/K-Supermarket/neste-K (laturi.dna.fiでは電話番号を入力するとチャージできる)

お昼ご飯にフィンランド料理屋さんにいってみたり、散歩したり、夕方はサウナに行ってみたり。

朝食。こんなにカルダモンがしっかり効いているのは初めて食べた:Kaffecentralen | Shop
ビュッフェ形式の昼食。ジャガイモやニンジン、ビーツなどの食材を使っているのはやドイツに似ていると思った。食後のコーヒーもセルフサービスであり、ありがたい:Restaurant Konstan Möljä
散歩途中で立ち寄ったカフェでドーナツを買うと、これもカルダモン入りだった!:Sinisen Huvilan Kahvila

初体験のサウナは意外と狭く、混んでいて、私はあまりリラックスできなかった。けれども、冷たい海にはちゃんと浸かる。泳げないので、浸かるだけ

Löyly Helsinki

それから翌日の3日目は美術館dayだと張り切って、オールドマーケットに現代美術館からのデザイン美術館、アラビア(前日も行ったけど、デザインセンターは月曜閉館だったため)、マリメッコアウトレット。
オールドマーケットは朝早すぎて数多くのお店が閉まっていたし(これはウィーンのNaschmarktでも同じだった。次オールドマーケットに行くならスープ屋さんの開く11時以降を狙おう。市場というと、どうしても朝イチバン!というイメージだけど、そうでもない)
どこにいっても自分にピンとくるものがなくて、あっちに行き、こっちに行き。その後ヘルシンキ市立美術館に立ち寄ると、臨時休館。あぁ、これはそんな日なんだ。と思って宿に帰る。

マリメッコアウトレットに向かうとき、同じバス停で降りたおじいさんから「ニホンジンデスカ?・・・マリメッコ?(あっちだよと指さされる)」と日本語で話しかけられ、うんざりしてしまった自分。うん、そう、そうだよ「Than you. Have a nice day」と冷たく答え、おじいさんに申し訳なかったなと思いつつ何が嫌だったのだと考える。
※現代美術館でも、あなた日本人?と英語で声をかけられたが、その際は嫌な感じは全くなかった。

どこでも何も買わずに一旦休憩を挟み、スポーツショップに向かう。ハイキング用のアンダーウェア(上下)をゲット。ここで?と、自分でも思ったがヒートテックではちょっと心配。そう、ヌークシオ国立公園を見つけてしまった私は、そこを翌日の目的地に決めたのです。

4日目はまた出会いに恵まれまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen − six =