仕事が始まりました

新しい職場での日々が始まった。

ヨーコ(こっちだ!)と呼ばれて、バンドから流れてくるチョコレートをプレートの上に置き換えたり、切り分けられたケーキをフィルムに包んだり、デコレーションのお手伝いをしたり、材料を計ったり、掃除したり。
ケーキの切り口に平行になるよう飾りのチョコレートを置くこと、ケーキが大きく見えるよう飾りのイチゴはできるだけ外側に置くこと、まだ3日目だけど今まで知らなかったことを知れて・体験できて・学んで、私は今のところ、今の職場にとても満足している。初出勤前日はやっぱり緊張して、なかなか寝付けなかったけど。

同僚も、いい人たちだ。ヨーコこうするよ!やってみせるよ!こっちだよ!一緒にやるよ!と教えてくれる。私の年齢を知った時には驚いていたけど笑、年齢関係なくフレンドリーだ。

わからないことや理解していないことを「わからないからもう一回教えて」と伝えること、言いかけたことは最後まで伝えることをやっていきたい。

実はドイツに来たばかりの頃「お前にはドイツ語が通じない。なんと言っているかわからないだろう」とバカにされて会話を断たれ、すごく悔しい思いをしたことがあったのだけど、その逆で自分がうまく伝えられないからと言ってこちらからコミュニケーションを諦めてしまうと、理解しようとしてくれている相手に対してとても失礼だ、ということに気付いたのだ。
とはいえ、こちらの人は言葉を待ってくれるし、私の言っていることを理解できなければ「どう言う意味?」、説明の後は「わかった?」と聞いてくれる人がほとんど。
「ささいでどうでもいいこと」も伝えれるようになりたいところ。

ちなみに片道40分ほどかけて自転車通勤。まだ道は暗くて、職場に着くとすでに汗だくなんだけど、天候が許す限りは乗っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です