語らう2人は美しい

やわらかな春の午後の光の中で語らう2人は美しくって
美しさに向き合い続ける2人は初対面ながらもすぐに意気投合して、ついその姿が美しくて、写真を撮るのでいっぱいいっぱいだった日。

8年振りに再会した先輩とランチの後、次のケーキに向けて腹ごなしをすべく、街を探索していた時に見つけた活版印刷のお店「BLINKFÜER Handdruck」。少しお邪魔するつもりが店主であり作家のSusanneに「アトリエ、見ていく?」というなんとも嬉しいお誘いを断るはずもなく、つい長居してしまった。
展示しているのでは?と思うほどセンスよく並ぶ作品やたくさんの活字組版。手動の印刷機を動かしながら紙をどこにおいて、どうやって色をのせるのか説明してくれた。その後オススメのアトリエやレストラン、気持ちの良い散歩道、日曜日だけ開店するケーキ屋さんも教えてくれて、日帰りではとても足りないと、次は泊りがけで行くことを決心。

アトリエ入り口
Susanneの手元にあるのが手動の印刷機。壁に並ぶアルファベットなどが活字組版
アイディアがカタチになる場所。私の机もこんな風になりたい

実は私、先輩とSusanneの話をそばで聞くので精一杯だったので、次回はお店を始めたこと聞いてみたい。これまで、どんなことしてきたんだろう。なんでこんなにも素敵で朗らかで、優しくって、ロックで、センスがいいんだろう!

店内にはポップでカラフルで、ユーモアを交えた作品が並ぶ

先輩はこちらの大学で声楽を学びつつ、コンサートホールでのミュージカルや音楽会に出演していて、ドイツにはもう8年以上滞在している。共通点は、先日日記に書いた研修旅行。次回は歌っている姿にもお会いしたい。

Dankeschön! Es war so schön, dich kennengelernt zu haben!
Bis Bald!
Blingfüer Handdruck
Obere Bachgasse 20
93047 Regensburg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です