職人としてのスタート地点

渡航前に私が想像していたゲゼレ(私が今取得しようとしている国家資格取得者)とは差異が出てきたので記録しておこう。

渡航前は、ゲゼレになれば、一人前の職人だ!何でも作れるようになって、すぐにお店も開けるレベルになる!というイメージだったのだけど、全く違う。(冷静に考えると、甘いだろうよ、お前さん、とも思う)

まず現地の人にとって職業学校に通うことは、進路の一つであるということ。入学のタイミングが15〜17歳を中心とすることから考えてもそうだろう。目的もさまざまで「手工業の職人になりたいと思っている。どの職種であったとしても必ずマイスターになるのが目標」と話す子や卒業すれば大学入学資格を得られるため(大学入学試験をパスできる)「進学したい」、そしてもちろん「いろいろ職場見学する中で興味があったから」という子もいる。
日本の感覚でいけば、専門学校に行くような感じじゃないだろうか。例えば、美容師の専門学校に入学して、理論を学んで実習を積んで、国家試験に合格する。そしてやっと美容師として働くためのスタートラインに立つ。(ちなみに職業学校には美容師のクラスもある)だから、私自身がゲゼレになれたとしても、それはスタート地点であるということ。
ただ、日本の専門学校と大きく異なるのは、現場で働くことがメインということ。だからこそ、大人と肩を並べて働く若い同級生や同僚を私は尊敬している。

その中で、スタンスや状況が全く違う私は、今、ここで学べることを学んで、ドイツ語や理論をマスターして、次のステップに備えるというのが、現在の方針。トップの写真は理論で使っている教科書。ページ総数625ページと意外と分厚いのです。

4件のコメント

  1. 容子さん、こんにちは。
    たびたび質問してしまってスミマセン(汗)

    「卒業すれば大学入学資格を得られる」との事ですが、それは職業訓練校を卒業したらすぐに大学に通えるという事でしょうか?それとも、マイスターの資格を取ったり、GeselleのKonditorとして数年働いてから大学に通えるという事でしょうか?色々調べたのですが、Konditorが大学に行く場合、ある記事では「マイスターを取らなくてはいけない」と読んだのですが、他の記事では「数年(3年から5年?)Geselleとして働いた経験が無くてはいけない(マイスターの資格が必須とは書いてなかった)」と書いてあり、私も、もしKonditorのAusbildungを無事に卒業できた場合、ドイツの大学に行きたいな(確か、勉強出来るのはLebensmittel関係のものだけですが…)と思ってるので、もし何かご存知でしたら教えていただけると有難いです。

    それと、容子さんはAusbildung先を(確かAusbildung2年目になる時に)変わったとの事ですが、もし私などの日本人がAusbildungを始めて一年たたないうちに職場を変えたい場合、ビザなどの問題は無いのでしょうか?ご存知でしたら教えていただけると有難いです。

    1. ちゃこさん、こちらの返信も遅くなってしまいすみません。

      詳しいことが全くわからないので友人に聞いたところ、ちゃこさんが日本の高校を卒業している場合、GeselleやMeisterとしての職歴がなくても進学できるだろうとのことでした。
      こちらのサイトが参考になるかもしれません
      https://www.uni-muenchen.de/studium/studium_int/studium_lmu/index.html

      ドイツ人の場合は、通常はGymnasium卒業者のみが大学に進学できるそうです。ただ、それ以外の学校に行った場合も大学に行くことはできるそうですが、大学入学試験(?)の「Abitur」を受験するためには最短でも2〜3年かかるそうです。
      知り合いの中にはGymnasiumには進学せず、Geselleとして働いて、Meisterをとって、その後、大学で勉強している人もいます。

      ただ、日本人で、大学に通いながらAusbildungをしている方もいらっしゃるようなので、色々な道があると思います(ちゃこさんはブログを見つけていらっしゃるとは思います)。

      ビザの件はなんとも言えませんし、なんの保証もできませんが、例え一年目で変えたとしても大丈夫だと思いますよ。変える必要のない職場に出会えたらいいですね。

  2. 容子さん、返信とご丁寧なご説明ありがとうございます。
    それと、あけましておめでとうございます。

    私は南米で学校に通い(小中高でトータルで11年です)、ドイツの大学に通うには1年足りないので、もしドイツの大学に行きたいなら最初にStudienkollegという予備校みたいな所に行かなくてはいけないのですが、ワーホリで滞在していた時、2回Studienkollegの試験を受けましたが受からず…。
    容子さんのお知り合いの方にもAzubi→Geselle→Meisterで大学に行った方がいらっしゃるようですし、私もその方がチャンスがあるかな?と思っているので、もしGeselleやMeisterになれてもまだ大学に行きたければ、その方と同じようにしようかなと思っています。

    ありがとうございます。
    良い職場に出会えたら良いなって思います。

    1. ちゃこさん
      あけましておめでとうございます。
      そういった学校や試験があるとは知りませんでした。

      南米の学校に通われて、すでにドイツでもワーホリをされているとのこと、きっと語学面では不安がない、ということは大きな強みだと思います。
      いろいろなバックグラウンドと、さまざまな可能性を持つちゃこさん、ちゃこさんの挑戦と計画がうまくいきますように、今年一年、飛躍の一年になりますように、お祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です