待つことをやめてハンブルクに3

北、に来たかったもう一つの理由はNusstorteというマジパンと生クリームとヘーゼルナッツのケーキ。
幼い頃、クリスマスケーキの上に乗っているサンタクロースをかじって以来マジパンは不味いもの、と思っていたがとんでもない。美味しいのだ。日本の餡子に当たるものだと思う。しかもあの時かじったのはフォンダン(砂糖のペースト)だろう。
ハンブルクから電車で一時間ほどのリューベックにマジパンで有名な企業・Niedereggerのカフェがあり、職業学校の授業でビデオを見て気になっていた。街自体も世界遺産になっているらしくて、煉瓦造りが可愛らしい街並み。

旅行初日の電車で隣になった彼女が教えてくれたのが、ハンブルクをスタートし、この街を通ってコペンハーゲンまで自転車で行けるということ(実際に8〜10日ほどかけて旅をしたそうだ)。ゆっくり滞在できればよかったけど、雨が降っていて、もうすっかり疲れていて、と言っていた彼女と同じような天気だ。ホームに降り立つと、周りの人はほぼ全員がジーンズ、リュッ、ダウンジャケットもしくはアウトドア向けのジャケット、ニット帽に、と全員が完璧な防寒対策。そして自転車を押している人もいて、おお、となる。
街自体が世界遺産になっていて、煉瓦造りで、なるほど、可愛い。しかしのんびりカメラを構えていると濡れてしまう。Googlemapを頼りにお店に足早に向かう。


普段なら歩き回るけど、雨が降っているから仕方ない。のんびりしよう。1時間半ほど滞在した。

わたしは展望できるタワーに登るのが好きだ。
雨が降って風も強くてこんな日には誰も登らないだろうと思っていたところ、家族連れがいたが、わたしが来ると足早に帰っていった。さあ独り占めだ。

結局その日も1万2644歩、歩いていた。
宿に戻って野菜炒めを作る。どこに行ったってじゃがいもと玉ねぎと、人参があれば大丈夫だ。そしてブロックのベーコンが役立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − 6 =